忍者ブログ

今日も攻撃が空を切る(跡地)

信長の野望オンライン 世界の片隅で今日もこっそり攻撃をはずすことはなくなった・・・                                                      (C)2003-2018 コーエーテクモゲームス All rights reserved.

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

螺鈿蟹立物



左から螺鈿蟹立物 陸海空ダンジョンの箱
大蟹金立物 近江武将 寺沢広高の争覇の章武将ドロップ
鋳造蟹立物 例によって鍛冶場で試着

立物の中には、争覇の章で実装された武将ドロップというものが存在する
今日のSSでいうと、真ん中の大蟹金立物がそれにあたり
ご覧の通り、取引可であるため、楽市で検索すると普通に入手可能(お金を出せば買える)です

争覇の章までの武将ドロップは、ワタクシは旧ドロップと呼んでおり
この旧ドロップを解体すると ○○の名という立物一歩手前のアイテムが手に入り
使用すると取引不可で立物が入手できます。
○○の名は兎耳立物が出る種類があり、それを使って松井兎耳立物を手に入れたというのがオチなのであるが
まぁいい、そこに至るまでに手に入れた立物でブログのネタが続くのである

さて、武将ドロップには、旧ドロップと争覇ドロップの大きくわけて2種類があるわけです
旧ドロップはどちらかというと名前の響きが独特で、史実っぽいアイテムが多いのですが
争覇ドロップは視覚効果がついた武器であったり全職装備可能な防具であったり
立物、旗指物まで、どちらかというとおしゃれに重点が置かれたアイテムです

争覇ドロップの特徴は、解体すると○○の名は出ませんが
武将の威厳や大将の武運といった生産材料が出てくるので、金策的には
争覇ドロップのほうが優秀です。

旧ドロップ解体は○○の名が100%出るわけでもなく
名を使用したところで狙った立物がでてくるわけでもないのです
またもともとの旧ドロップのドロップ率が低いために
解体するチャンス自体が少ないので一攫千金タイプの金策なのである

争覇ドロップは楽市で簡単に手に入るとはいえ・・・・
こんなの使う人いないよね・・・・
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

[10/03 岡部]
[07/30 公暁]
[10/11 NONAME]
[10/10 NONAME]
[07/29 ブリジット]

最新記事

プロフィール

HN:
近藤心路
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R